ご依頼相談の予約

当事務所へのアクセス

心斎橋駅から徒歩3分 本町駅から徒歩5分

離婚できるか否かの問題

親権とは何ですか?

 親権とは未成年の子供に対してもつ養育保護をする権利義務のことです。その具体的な内容は、子を監督・保護し、また教育をすること(身上監護権)と、子供の財産を管理し、また、子の財産上の法律行為について子を代理したり同意を与えたりすること(財産管理権)です。
 夫婦でいる間は、夫婦が二人でこの親権を共有していますが、離婚するときには、どちらが親権を持つかを決める必要があります。協議で決めることができない場合には、裁判で決することになります。

養育費の支払について

 養育費とは、未成熟の子が社会人として独立自活ができるまでに必要とされる費用のことです。社会人として独立自活ができるまでの費用なので、その終期を成年に達したときとする扱いが多いものの、それ以前または以後とされる場合もあります。  養育費の算定については、裁判官などにより作成された養育費算定表があり、実務で活用されている。ただし、ケースによってはこの基準に従うことが妥当でないものもあり、その場合には諸事情を考慮してそのケースに応じた養育費を算定する必要があります。

面接交渉について

 離婚によって親権・監護権を有しなくなった親が子供に会うことを面接交渉といいます。 この面接交渉を認めるか否かは、子の福祉の観点から判断されるべき問題で、子の福祉にとって有害である場合には認められない場合もあります。