ご依頼相談の予約

当事務所へのアクセス

心斎橋駅から徒歩3分 本町駅から徒歩5分

離婚できるか否かの問題

浮気をした夫と離婚するときに慰謝料以外にも、請求できるお金などがあるって本当ですか?

 離婚のご相談の際に、「慰謝料を請求したい」という方がおられます。もちろん、相手方が浮気をしたなど不貞行為があって離婚する場合には慰謝料を請求することが考えられますが、それ以外にも、養育費、財産分与、年金分割、婚姻費用の分担請求など、いくつか請求できる可能性のあるものがあります。
 夫婦生活を長期間続けており、その間に、夫婦で築いた多額の財産がある場合には、慰謝料などよりも、むしろ、財産分与の額のほうがはるかに大きくなる可能性があります。

財産分与とは

 財産分与とは、離婚した者の一方が他方に対して財産の分与を求めることです。その中には以下の3つの要素が含まれているといわれています。

① 夫婦が婚姻中に協力して築いた財産の清算
② 離婚後の経済的な弱者に対する扶養料
③ 慰謝料

財産分与と③の慰謝料の関係については、財産分与の中に含めて請求する場合と、含めずに別途請求する場合があります。

慰謝料とは

 離婚によって被る精神的苦痛による損害の賠償のことです。その中には以下の2つの要素が含まれているといわれています。

① 離婚原因たる有責行為により生じた精神的苦痛に対する損害の賠償
② 離婚により配偶者の地位を失うことにより生じた精神的苦痛に対する損害の賠償

但し、実際には、両者を区別して扱わず、関連する一個の不法行為として扱うのが一般的です。

年金分割とは

 年金分割とは、婚姻中の厚生年金(または共済年金)の保険料納付記録を、離婚する夫婦間で分割する制度のことです。
 注意しなければならないのは、将来取得する年金自体を分割するわけではありません。夫婦として生活した間に納付した年金の記録を分割し、分割された分の保険料を納付したとして扱われ、それに基づき計算された年金を将来受給することになります。

婚姻費用の分担とは

 婚姻費用の分担とは、夫婦が別居した場合などに、離婚が成立するまでの間、経済力のある側が他方の生活費の一部を負担するというものです。